三重県の女性弁護士 田中三貴 (三重弁護士会)トップ >>

ようこそ、弁護士 田中 三貴(たなか みき)のブログへ

日々思ったこと、皆様のお役にたてる情報などを書いていきたいと思います。

お時間のある時に、覗いてくださいね。


私が所属する「弁護士法人心 津駅法律事務所」のサイトはこちらです。


伊勢市で朝粥

今日は、朝一から伊勢の裁判所でした。

早く伊勢市駅に着いたので、裁判所に向かう途中で朝ご飯。

伊勢神宮下宮前にあるお店で、朝かゆをいただきました。

 

朝がゆ.jpg

 

おかゆとおかゆのタレは、おかわりOKとのことでしたが、

一杯で十分お腹が満たされました。

伊勢神宮を眺めながらの朝ご飯は、

清々しい気分になりますね。



出張相談

昨日は、三重県の御浜町まで出張相談に行ってきました。

津から片道130kmを超える場所にあります。

電車の数も少なかったりするので、今回は車で行きましたcar

依頼を受けるにあたり、

依頼者に行為能力があるのか判断する必要があります。

通常は、事務所にお越しいただいて、お話を伺ったりするのですが、

入院中だとご来所いただくことができません。

でも、行為能力の有無を確認することなく、事件を受け、

事件を進めることもできません。

そのため、昨日は、能力の有無を判断すべく、

入院中の相談者に会いに行きました。

ただ、事務所以外だと、周辺に人がいたりして、

話をする際に周辺が聞かれていないか気になりますね。

 

獅子岩.jpg 獅子岩(アップ).jpg

御浜町に行く途中にあった、世界遺産の獅子岩です。



柏駅法律事務所OPEN

当弁護士法人に、新たな事務所がOPENしました。

千葉県柏市に、柏駅法律事務所 を開設いたしました。

関東地域に関しては、2つめの事務所となります。

柏市には行ったことがないので、これを機に行ってみようかな。

 

ホームページは、以下のとおりです。 

http://www.bengoshi-kashiwa.pro/

良かったらご覧くださいね。

 

アレジメント.jpg



値上がりの6月⁉

今日から6月ですね。

6月になって、いろいろな物が値上がりするようです。

テレビでよく取り上げられているのは、ビールですかね。

ほかにも、電気やタイヤなども値上がりするようです。

業務上気になる値上がりは、やはり郵便料金の改定ですね。

毎日のように郵便を発送したりするので、すごく身近なものですから。

何事も理由がある値上がりとは思いますが、

やはり値上がりは財布に影響がでるので、避けたいところですね。

 

バラ3.jpg



中弁連委員会(人権大会プレシンポに向けて)

先週の土曜日は、午前中、津でのお仕事を終え、名古屋へ移動。

中弁連・犯罪被害者の支援に関する委員会に出席してきました。

今年の7月に、名古屋市内で

「性暴力被害者のワンストップ支援センターの現状と課題」と

題した人権大会のプレシンポが開催される予定です。

そのための準備のための委員会です。

7月のプレシンポが成功しますように…

 

マンゴーかき氷.jpg

 委員会の後、かき氷だけ食べて三重県へ帰ってきました。



津⇔松阪

今日は、朝、津地裁に行ってから、当法人の松阪駅事務所で打ち合わせ。

その後、いったん津駅事務所に戻り、打ち合わせ。

また松阪駅事務所に戻って打ち合わせ。

そして、津駅事務所に戻るというスケジュールでした。

津・松阪間を2往復する形となってしまいましたsweat01

普段は、このような予定を組まないようにしているのですが…。

効率的なスケジュールを組むことも大切ですね。

明日も移動を伴うお仕事が続きますsweat01

 

バラ6.jpg



交通事故相談

今日は、三重弁護士会館での交通事故相談に行ってきました。

こういう相談会に行くと、いつも思うのですが、

30分という限られた時間で相談内容を聞き取って、

説明などを分かりやすく話をするのは難しいですね。

30分というのは、長いようで短いですね。

 

 バラ7.jpg



姻族関係終了届

先日、「死後離婚」というテーマの報道がありました。

配偶者の死亡により、婚姻関係は終了するので、

配偶者の死後に離婚するということは考えられません。

ですので、「死後離婚」という言葉自体は、正しくありません。

ただ、報道等を見ていると、

姻族関係終了のことを、死後離婚と言っているようです。

 

結婚すると、配偶者の父母や兄弟との間で、

姻族といわれる関係が築かれることになります。

配偶者の生前に離婚すれば、配偶者との婚姻関係はもちろんのこと、

この姻族との関係も終了します。

しかし、配偶者が死亡すると、婚姻関係は終了するのですが、

姻族関係は残ることになります。

配偶者の死後、この姻族関係を終了させる手続きが、

「姻族関係終了届」を提出するということになります。

この姻族関係終了届を出す人が増えているらしいのです。

姻族関係終了届は、提出する人の意思だけで届け出をすることができ、

姻族の了承は不要です。

また、家庭裁判所への申し立ても不要です。

なお、戸籍はそのままの状態となりますので、

戸籍も別にしたいと考える場合には、

復氏届を忘れずにしておかなければなりません。

 

この姻族関係終了のメリットとして考えられるのは、

姻族との関係が切れるということであったり、

遺族年金は手続きをしておけば受領し続けることができます。

また、すでに発生した相続に影響を及ぼさないことなどが挙げられます。

しかし一方で、姻族関係が切れてしまうと、

亡くなった配偶者の法事等に連絡をもらえなくなるなど

と言ったことも考えられます。

そのため、提出するか否かは十分に考慮してからの方がよいかもしれません。

 

花(黄色).jpg



秘書の誕生日

もうすぐ秘書の誕生日です。

長年一緒に頑張ってきてくれて、いつも支えてくれている秘書です。

今年は、野球観戦の好きな秘書のため、野球観戦を計画。

野球観戦が好きな当法人所属の他事務所所属の弁護士らも誘って、

先週末、野球観戦に出かけましたbaseball

私自身は、あまり野球観戦はしたことがなかったのですが、

一緒に行った子にいろいろ教えてもらったりしながらの観戦。

球場で見ると臨場感があって、楽しかったです。

応援にも一体感があって、テレビでは感じられない興奮ですね。

試合結果は……

結果はどうあれ、楽しんでもらえたみたいでよかったですhappy01

 

野球観戦.jpg



日常生活に...

ゴールデンウィークが終わり、また通常の日々が始まりました。

休みが続いていたためか、本日は、電話や郵便が普段よりも多く、

その対応に追われてしまいました。

予定していた仕事(起案)をする余裕も若干ありませんでしたsweat01

体や頭を通常仕様に切り替えないといけませんね。

 

ツツジ.JPG



前へ 345678910111213