三重県の女性弁護士 田中三貴 (三重弁護士会)トップ >>

刑事関係の記事リスト

刑事関係のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

勾留満期を待たずに不起訴・釈放

先日、私選刑事案件で、 勾留満期を待たずに、不起訴・釈放された事案がありました。 正直言うと、勾留満期までは覚悟してたんですけどね   受任したその日のうちに、被害者に会い、 ・・・

(2016年7月22日 19:17)

刑の一部執行猶予制度・初の判決

本日、覚せい剤取締法違反事件において、昨日から始まった制度である、 「刑の一部執行猶予制度」に基づく判決が出されたそうです。   今回の判決では、 懲役2年、うち6月について保護・・・

(2016年6月 2日 17:13)

テレビの特集(ダルク)

先日、仕事を終えて自宅に帰ってテレビを見ていたら、 ダルクの特集をしていました。 ある芸人さんが、一泊二日でダルクのプログラムに参加したり、 寮に泊まったりする内容でした。   ・・・

(2015年12月16日 18:45)

接見と花火大会

先週の土曜日に、津南警察署に接見に行ってきました。 普段はあまり休日に接見をすることはないのですが、 今週の予定を見ていると、接見に行く時間がなさそうだったので   ちょうどこの・・・

(2015年8月 3日 12:07)

再度の執行猶予

今日は、所内での勉強会において、 再度の執行猶予について裁判例を検討した弁護士から報告がなされました。 特に、性犯罪と覚せい剤などの薬物犯罪においては、 再度の執行猶予が付くケースはほとんど・・・

(2015年6月19日 16:23)

一定の病気等にかかる運転者対策(改正道路交通法)

 平成26年6月1日より、改正道路交通法が施行されました。 同日より施行された主な内容は、 免許の拒否事由等とされている一定の病気等に係る運転者対策です。 具体的には、   1)・・・

(2014年6月15日 22:00)

自動車運転死傷行為処罰法

お酒や薬物などの影響で交通事故を起こした場合の罰則を強化した 「自動車運転死傷行為処罰法」が平成26年5月20日施行されました。   刑法における危険運転致死傷罪では、その適用対象・・・

(2014年5月21日 16:01)

少年法改正

罪を犯した少年に対する刑罰を引き上げる改正少年法が、 4月11日、参院本会議で可決され、成立しました。 改正少年法は、5月にも施行される見通しとのことです。   主な改正点は、 ・・・

(2014年4月12日 17:48)

改正道路交通法等の一部施行

今年もあと1カ月となりました。 1年が経つのは早いものですね。 弁護士として、成長できた1年となっていたのか…   今日から、改正道路交通法の一部が施行されます。 ・・・

(2013年12月 1日 16:20)

接見へ行ってきました

今日は、朝から接見に行ってきました。 接見とは、弁護士(弁護人)が、 身柄を拘束されている容疑者や被告と面会することを言います。 通常、家族らが面会する場合には、曜日・時間帯等が限定されてお・・・

(2013年11月12日 15:48)

執行猶予期間中の犯罪に対し、再度の執行猶予付き判決

窃盗罪の執行猶予期間中に万引きしたとして、 再び窃盗罪に問われていた知的障害者の被告に対し、 平成25年9月13日、大津地方裁判所は、 再度の執行猶予が付された判決を言い渡しました。 通常・・・

(2013年9月16日 16:50)

保釈保証書発行事業

逃亡や証拠隠滅の可能性が低く、保釈可能な被告人でも、 補償金が用意できなければ、身体を拘束され続けるしかありません。 保釈保証書発行事業とは、貧富の差による不平等をなくし、 被告人の人権を守・・・

(2013年9月 4日 13:47)

所内研修(刑事)

刑事事件の尋問技術に関して、研修会を開きました。   三重県では定期的に国選事件を受け持ちます。 そのため、刑事事件に関する勉強は欠かせません。   先日も、国選事件・・・

(2013年8月 1日 10:24)

脱法ハーブ吸引による交通事故に関する判決

脱法ハーブを吸って車を運転し、女子高生をはねて死亡させたとして、 危険運転致死罪などに問われていた裁判員裁判において、 名古屋地裁は、今月10日、同罪の成立を認めました。 脱法ハーブの吸引に・・・

(2013年6月10日 22:14)

勾留理由開示

勾留理由開示は、裁判所の公開の法廷で、 裁判官に勾留の理由を述べてもらうよう請求する制度です。 この勾留理由開示は、被疑者(被告人)、弁護人が出頭して行われます。 検察官の出頭は任意です。 ・・・

(2013年5月16日 14:08)

当番弁護士とは

今日は、当番弁護士として、伊勢警察署に行ってきました   当番弁護士とは、警察に逮捕された人(被疑者)が、 初回に限り、弁護士が無料で面会に行く制度のことです。 面会で、弁護士は・・・

(2013年4月 3日 19:57)

余罪立証に関する最高裁決定

今日は、当事務所の弁護士数名が集まり、 つい先日決定があった最高裁決定(平成25年2月20日決定)について 検討会(勉強会)を開きました。 同決定は、余罪立証に関する決定です。 同決定は、・・・

(2013年2月28日 18:02)

刑事弁護の勉強会

今日は、午後から、当法人本部にて弁護士会議がありました。 会議前には、刑事弁護に関する勉強会がありました。 三重県では、1年あたりの件数が減少してきたとはいえ、 国選弁護を定期的に受け持つの・・・

(2013年2月 7日 22:07)

接見禁止

被疑者が逮捕・勾留されると、 相当の期間にわたって、身柄拘束されることになります。 そうすると、その身柄拘束の間、家族や知人は、 警察官立会のもと、限られた時間内で面会することとなります。 ・・・

(2013年1月16日 21:25)

DNA型鑑定・過大評価に警鐘を

最高裁の司法研修所が、DNA型鑑定について、 刑事裁判で扱う際の有効性や課題を研究報告としてまとめました。 同報告書によれば、 DNA型鑑定を中心に科学的証拠の限界を意識しておくことが 重・・・

(2012年12月29日 19:43)

12