三重県の女性弁護士 田中三貴 (三重弁護士会)トップ >>

ようこそ、弁護士 田中 三貴(たなか みき)のブログへ

日々思ったこと、皆様のお役にたてる情報などを書いていきたいと思います。

お時間のある時に、覗いてくださいね。


私が所属する「弁護士法人心 津駅法律事務所」のサイトはこちらです。


奨学金(返済について)

先週、新聞を読んでいたところ、奨学金に関する特集記事を目にしました。

記事の中には、奨学金を受けつつ大学に進学した方が、大学卒業時には、

数百万という借金を背負い、社会に出るということが書いてありました。

確かに、債務整理案件を取り扱っていると、

奨学金の返済に苦慮している方の相談を受けることがあります。

以前には、奨学金の負担が主な原因(一番額の大きな負債)となった方の

破産申立てに関し相談を受けたこともあります。

確かに、社会人一年目にして数百万円の借り入れを返済することは、

初任給等で返済することは難しいのが現実かと思います。

ただ、そうかといって、破産手続きに抵抗がある方がいることも否めません。

                                                               

そこで、奨学金の返済に苦慮されている方は、

返済期限の猶予や減額返還制度の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

「返還猶予制度では、現在の返還負担を将来に先延ばしすることになりますが、

減額返還制度では、割賦金額の2分の1を返還することになるため、

現在の返還負担と併せて将来の返還負担も軽減させることが可能となります。

全く返還できない程ではないが当初約束どおりの返還が困難となった場合、

または、返還期限猶予制度を利用していたが少し経済状況が好転し、

今後も暫く同様の状態が継続する見込みである場合等に

ご利用いただけると考えています。」(日本学生支援機構のHPより)

もちろん、すべての方に、このような制度の適用があるわけではなく、

適用要件があります。

また、1年ごとの更新が必要となります。

 

いずれにしても、支払いが停止してしまうと、制度の利用が難しくなります。

早めに対応することが必要です。

 

KIMG2694-2.JPG

 

写真は、先日四日市に出かけた際にランチを食べたお店の

カウンターに飾ってありました。



大入道(四日市)

今日の午後は、四日市に出張です。

目的に向かう途中、駅前の商店街を歩いていくことにしました。

商店街に、「大入道」の模型(?)がありました。

 

KIMG2693.JPG

 

三重県四日市市の大入道と言えば、

身の丈4.5m、伸び縮みする首の長さ2.7m、全高9mもの

大きさを誇る「からくり人形です。

からくり人形としては、日本一の大きさと言われています。

毎年8月に行われる「四日市まつり」に登場します。

ご興味がある方は、ぜひ見に来てください。



本部での会議&懇親会

昨日は、当弁護士法人の本部にて、会議等があり、

1日、名古屋へ出張でした。

 

会議の後は懇親会。

年末年始の様子や、仕事の話など、いろいろ話ができました。

 

KIMG2694.JPG

 

懇親会のメニューにあったウインナーです。

長~いウインナーにビックリeye

面白かったので、思わず、写真を撮ってしまいました。



仕事初め

明けましておめでとうございますfuji

 

当弁護士法人では、今日が仕事はじめです。

年始早々、予定が立て込んでおります。

お仕事をいただけるのは喜ばしいことと思い、

今年も頑張っていきたいと思います。

 

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

 

DSCN2690.JPG

 

今年は申年ということで、愛知県にある申神社として有名な

「清州日吉神社」へ初詣に行ってきました。

拝殿前には、狛犬ではなくお猿様が。



仕事納め・今年もありがあとうございまいた

当弁護士法人では、本日が仕事納めとなります。

 

今日のお昼は、仕事納めの日恒例となりました、カレーを、

出勤しているスタッフみんなで食べましたdelicious

 

KIMG2688.JPG

 

今年もあっという間の一年でした。

今年もいろいろな方にお世話になりました。

ありがとうございましたhappy01

 

来年もよろしくお願いいたします。



「ピカソ、天才の秘密」展

週末、来年の1月3日から愛知県美術館で開催される

「ピカソ、天才の秘密」展の内覧会に行ってきました。

「青の時代」と「バラ色の時代」の作品を中心に作品が展示されています。

ピカソといえば、キュビスムを思い浮かべますが、

それまでに至る時代の作品です。

作品の中には、ピカソが13,14歳ころに描いた、

石膏のデッサンなども展示されていました。

とても、13,14歳の子が描いたとは思えないほどの

迫力のあるデッサンでした。

作風が変わっていく様が見えて、面白い展示会でした。

 

KIMG2683.JPG



日弁連へ

昨日は、日弁連・犯罪被害者支援委員会に出席してきました。

刑法改正の議論等を聞いたりし、大変勉強になりました。

 

ただ、東京まで行くと、一日つぶれてしまいますねsweat01

 

そして、今日は、裁判も含め、日中ずっと松阪にいたため、

津の事務所に戻ってきたのが、19時すぎ。

2日事務所を空けると、確認する書面等がたまってて大変sweat01

 

KIMG2634.JPG



テレビの特集(ダルク)

先日、仕事を終えて自宅に帰ってテレビを見ていたら、

ダルクの特集をしていました。

ある芸人さんが、一泊二日でダルクのプログラムに参加したり、

寮に泊まったりする内容でした。

 

国選刑事で覚せい剤取締法違反の弁護をすることもありますので、

実際のダルクの内情(様子)をテレビを通してですが、

見れることに興味引かれました。

プログラムの一つには、条件反射制御法というのがあるらしいです。

覚せい剤に依存していた人であれば、注射をする振りをするのです。

しかし、注射をしても、当然のことですが、何の快感も得られません。

そのため、注射をしても無駄であることを脳に焼き付けるそうです。

また、アルコール依存症の方であれば、

ノンアルコールビールを毎日のように飲むそうです。

ビールを飲んでも酔わないということを体に教え込むそうです。

このときインタビューに答えていた方が、

「覚せい剤依存は完治することはないんです。」とお話されていました。

完治することがないから、毎日プログラムを行って、

二度と覚せい剤に手を出さないように頑張っているのだそうです。

確かに、薬物事犯は、他の犯罪に比べ、再犯率が高いと言われています。

ただ、中には、このように、自らプログラムを実践するなどして

二度と薬物に手を出さないように頑張っている人がいるんだ、と感じました。

ダルクのような支援をしてくれる施設が増えていけばいいのですね。

 

KIMG2531.JPG



名古屋コーチンの親子丼

昨日の午後は、相談者様の居所などを考慮し、

当法人の名古屋駅事務所にて打ち合わせをしてきました。

打ち合わせが午後だったため、午前は津駅事務所で仕事をし、

その後、名古屋に移動train

名古屋では、名古屋コーチンを使った親子丼をランチにいただきました。

 

KIMG2635.JPG



交通事故・加害者側の相談

先日、交通事故(加害者側)の相談を受けました。

相談の最中、交通事故違反点数について聞かれました。

何点が引かれ、免停になるのか、取り消しになるのか。

普段、被害者側の相談に乗ることが多かったため、

これまで交通違反点数について、しっかりと考えていませんでした。

そのため、即答ができませんでした。

あとで調べて回答という形となってしまいました。

普段被害者側を受けているので…というのは、もちろん、言い訳になりません。

加害者側だと、違反点数も気になりますよね。

しっかりと勉強しておかないとダメですね。

 

KIMG2528-1.jpg

 

先日名古屋に行った際、高島屋で展示されていました。

季節を感じますね。



前へ 56789101112131415