三重県の女性弁護士 田中三貴 (三重弁護士会)トップ >> 債務 >> 差押命令と口座振替

差押命令と口座振替

差押命令送達日と同日に公共料金等の口座振替による引き落としがある場合、

どちらが優先されるのでしょうか。

 

預金口座への記帳後に差押命令が送達された場合は、

公共料金の引き落としが差押えに優先することとなります。

これに対して、差押命令の送達が記帳前であれば、

差押えの効力が及ぶことになりますので、

預金からの引き落としがなされないこととなります。

これは、差押により預金の払い戻しが禁止されるためです。

 

1374886276879.jpg

 

最近、差押えをされたことを契機とする多重債務の相談が複数ありました。

ただ、差押えをするためには、

原則として判決等の債務名義が必要となりますので、

差押えされる前に訴訟を提起されていることがあります。

早めに対応するためにも、

遅くとも訴訟を提起された段階でご相談されることをお勧めします。

 

当事務所では、弁護士による債務整理の相談を無料で実施しております。

気になる点などございましたら、ご相談ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。